当院は、患者様に安心してご来院頂ける医院作りを心掛けております

治療に際してはどんな方でもストレスを感じてしまうものです。

そのストレスを少しでも和らげ、お子さまからお年寄りの方まで、どんな方にもやさしい医院を目指します。

一般歯科

 

むし歯治療

 

歯がしみたり痛んだりする症状、それは虫歯が原因かもしれません。

虫歯は自然に治癒することはなく、放置すると症状がどんどん悪化してしまいます。

重症化すると、抜歯しなければならない場合もありますが、早期に発見して治療を始めれば、身体への負担もそれだけ軽く済みます。

歯に少しでも違和感を覚えたら、できるだけ早くご相談ください。

主な診療内容

・初期の虫歯

虫歯部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を 詰めて治療します。

・進行した虫歯

虫歯部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

・歯髄まで進行した虫歯

神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

・歯質が失われた歯の治療

部分的になんとか歯を残して、被せ物や入れ歯の土台にすることができる場合もありますが、残存歯質が少ない場合は歯を抜歯しなければなりません。傷が治った後にその部分をブリッジや入れ歯、インプラントで補うことになります。

虫歯進行状況

 


 

 

歯周病

 

歯周病は、バクテリア(細菌)によってひきおこされる病気です。

虫歯と歯周病ではバクテリアの種類は違いますが、同様にプラークが形成されます。

この細菌の毒素によって、歯茎が腫れて炎症がおこります。

病状が進むと、歯を支えている骨が溶けてしまいます。

最終的には、歯を抜かないといけなくなります。

ふつう歯周病は、大人がかかる病気だと思われていますが、きちんと歯磨きをしていない子どもにもおきることがあります。

日本人の80%が歯周病にかかっているといわれています。

歯周病は、痛みなどの自覚症状がほとんどなく、気が付かないうちに進行していきます。

気付いた時は、重症な状態がほとんどです。

 

当てはまるようなことがあれば、早めに受診する必要があります。

自覚症状なく進行する病気です。

初期段階での治療が大切ですので、「もしかしたら・・・」と思ったら定期健診を受けましょう。

 

歯周病は虫歯と違って短期間で治る病気ではありませんが、きちんとケアをすれば良くなります。

ホームケアの「正しい歯みがき」と歯科医院での「プロフェッショナルケア」で一緒に歯周病治療をがんばっておこなっていきましょう。

歯周病の早期発見・早期治療に努めましょう。

 

 

 

小児歯科

嫌がるお子様を押さえつけて診療をするのではなく、少しずつ「歯医者さん」に慣れてもらうことを大切に考えております。

また、一人ひとりの個性や成長育成を考えた治療を心がけております。

お子様の診療に関してご心配なことがありましたら、ご遠慮なくご相談ください。